家庭でのウェブ総利用時間は増加ながらも総PVは減少、この1年でネット利用動向に大きな変化 | RBB TODAY

家庭でのウェブ総利用時間は増加ながらも総PVは減少、この1年でネット利用動向に大きな変化

ブロードバンド その他

日本におけるウェブ総利用時間、総ページビュー数の推移
  • 日本におけるウェブ総利用時間、総ページビュー数の推移
  • 日本におけるひとりあたり月間平均ページビュー数の推移
 ネットレイティングスは23日、ニールセン・オンラインのインターネット利用動向調査「NetView」の2008年4月データのまとめを発表した。

 発表によると、2008年4月の家庭でのウェブ総利用時間は9億2,900万時間で、前年同月の7億8,994万時間から約18%増加している一方、総ページビュー数は前年同月比3%減の804億PVに留まっている。2006年までは総利用時間と総ページビュー数は連動して増加していたが、この1年で従来にない対照的な動きを見せているのが特徴だ。同社では、この原因をストリーミングやフラッシュなどのリッチコンテンツやAJAXなどクリックを減らす技術の普及が進み、1ページに滞在する時間(利用時間)が長くなっていることを反映した結果としている。また、ひとりあたりの月間平均ページビュー数は2006年3月の2,077ページビューをピークに減少傾向で、2008年4月には1,667ページビューと4年前の水準にまで減少している。

 同社代表取締役社長兼ニールセン・オンラインチーフアナリストの萩原雅之氏は、「今回のニールセン・オンラインの長期トレンドデータで明らかになったように、インターネットの利用動向に新たな変化が起きています。ウェブサイト価値のベンチマークとして、ページビュー指標だけでなく利用時間指標もあわせて利用することはますます重要になると言えます。ネット広告媒体にとって総ページビュー数の減少は収益機会の低下にもなりかねず、露出時間に連動した料金体系やインプレッション単価の引き上げが差し迫った課題になりそうです」とコメントしている。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top