NTT-Com、PC向けリモートアクセスの多要素認証を行う「モバイルコネクト 機体認証サービス」 | RBB TODAY

NTT-Com、PC向けリモートアクセスの多要素認証を行う「モバイルコネクト 機体認証サービス」

 NTTコミュニケーションズは20日、同社の企業社内ネットワーク向けリモートアクセスサービス「モバイルコネクト」において、PC向けリモートアクセスの多要素認証を低価格で提供する「モバイルコネクト 機体認証サービス」を開始した。

エンタープライズ その他
多要素認証のイメージ
  • 多要素認証のイメージ
  • 機体認証サービスの概要
  • 機体認証サービスのイメージ
 NTTコミュニケーションズは20日、同社の企業社内ネットワーク向けリモートアクセスサービス「モバイルコネクト」において、PC向けリモートアクセスの多要素認証を低価格で提供する「モバイルコネクト 機体認証サービス」を開始した。料金は、1,000IDで35万7,000円から。

 同サービスは、PCによるリモートアクセスの認証時に、事前に登録した機体情報(複数要素も可能)と実際にアクセスしてきた端末の機体情報を照合するというもの。同社独自のユーザー認証方式「MCOP認証」や固定パスワードによる「BASIC認証」と組み合わせることで、リモートアクセスのセキュリティをさらに高める多要素認証を実現している。

 今後は、人体の特徴を利用する「生体認証」やアクセスの危険度に応じて必要な認証を求める「リスクベース認証」、公開鍵暗号を利用した「PKI認証」、回線ごとの識別情報による「回線認証」など認証方式の選択肢を拡充するほか、認証条件と合わず隔離されたPCを適切な状態にする「検疫機能」も提供される予定だ。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top