東芝、フルHDで長時間録画が可能な「VARDIA」新モデル | RBB TODAY

東芝、フルHDで長時間録画が可能な「VARDIA」新モデル

IT・デジタル レコーダー

RD-X7
  • RD-X7
  • RD-S502
  • RD-S302
  • RD-E302
  • 仕様詳細
  • 仕様詳細
 東芝は15日、HDD&DVDレコーダー「VARDIA(ヴァルディア)」シリーズの新ラインアップとして、高画質・高音質回路を搭載する容量1TBのフラッグシップモデル「RD-X7」など4製品を発表した。いずれも価格はオープンで、6月中旬より順次販売する。

 今回発表された4製品は、容量1TBのHDDを搭載するRD-X7のほか、容量500GBモデル「RD-S502」、300GBモデル「RD-S302」および「RD-E302」。予想実売価格は、RD-X7が160,000円、RD-S502は110,000円、RD-S302は90,000円、RD-E302は70,000円。

 いずれも地上/BS/CSデジタルおよび地上アナログチューナーを内蔵。エントリーモデルRD-E302を除く3製品は、従来のハイビジョン放送の映像記録方式である「MPEG2」映像を「MPEG4 AVC」に変換してHD DVD-Rへの長時間記録を行う「HDトランスコーダー」を搭載しており、従来のTSモード時と比較して最大で約6倍の長時間録画を可能としている。また、DVD-RなどにもHD記録ができる「HD Rec」機能を装備し、HDトランスコーダーとの組み合わせでHD映像を最大約4時間録画できる。

 フラッグシップモデルRD-X7は、DVD映像やHD番組の1,080p/24フレームでの出力に対応しており、より高画質でのコンテンツ再生に配慮。また、アナログの映像回路に搭載した12ビット/297MHzの映像DACにより、D端子接続時によるブラウン管テレビや3管式プロジェクターとの組合せでも高画質なHD映像が楽しめるという。

 そのほか4製品共通の仕様として、光学ドライブは、DVD-R、DVD-RAM、DVD-RW、DVD-R DLなどの記録/再生に対応。そのほか、「レグザリンク」に対応した同社製液晶テレビ「レグザ」とつなげることで、HD DVDソフトの再生や録画済み番組の再生、「レグザ」のフルHD電子番組表からの録画予約などが、レグザリモコンを使って操作することができる。
《花》

関連ニュース

特集

page top