マイクロソフト、 Aero風デザインのワイヤレスキーボード&レーザーマウスのセットなど | RBB TODAY

マイクロソフト、 Aero風デザインのワイヤレスキーボード&レーザーマウスのセットなど

IT・デジタル ノートPC

Wireless Laser Desktop 7000
  • Wireless Laser Desktop 7000
  • Wireless Laser Desktop 3000
 マイクロソフトは7日、Windows Aero風デザインのワイヤレスキーボードとレーザーマウスをセットにした「Wireless Laser Desktop 7000」を発表した。Win/Macの両OSに対応。価格は14,800円で、5月23日発売。

 Microsoft Wireless Laser Desktop 7000は、エルゴノミクス(人間工学)に基づいたデザインの無線キーボードおよびマウスのセット。キーボードは、本体周囲に半透明のフレームを配し、Windows Aeroをイメージしたデザインを採用。革張り調仕上げのパームレストを装備するほか、キー配列には、傾斜6度の滑らかなカーブによって、より自然な形で手を配置することができるという同社独自の「Comfort Curve デザイン」を採用。単3形電池×2本を使用し、電池寿命は約6カ月としている。マウスは、毎秒6,000回の速度で反射光の連続画像をスキャンするセンサーを採用するほか、カスタマイズ可能な5ボタンを搭載。単4形ニッケル水素充電池を使用し、約5時間の充電で駆動時間は約3週間とした。

 対応OSはWindows Vista/XP、Mac OS X 10.2以上。本体サイズは、キーボードが幅486×高さ45.7×奥行き227mmで、重さは1.3kg。マウスは幅78×高さ39×奥行き116mmで、重さは107g。

 また、静音設計の薄型キーを採用する無線キーボードとレーザーマウスのセット「Wireless Laser Desktop 3000」もあわせて発表。価格は6,400円。
《花》

関連ニュース

特集

page top