アルミ削り出しボディ&省スペース設計のパンタグラフキーボード | RBB TODAY

アルミ削り出しボディ&省スペース設計のパンタグラフキーボード

IT・デジタル ノートPC
SKB-010(ブラック)
  • SKB-010(ブラック)
  • SKB-010(シルバー)
 サンワサプライは3日、アルミボディを採用するUSB&PS/2両対応の日本語キーボード「SKB-010」を発売した。カラーはブラックとシルバーの2色を用意。価格は15,540円。

 同製品は、アルミ削り出しの筐体を採用するシンプルな日本語103キー・キーボード。キースイッチは一般的なノートPCと同じパンタグラフを採用。フルキーボードながら幅390mmのコンパクトサイズとしたほか、使用しない時には縦置き収納を可能とするなど、省スペースに配慮している。

 インターフェースはUSBで、PS/2変換アダプタが付属。対応OSはWindows Vista/XP/2000/ME/98SEで、PS/2接続時はWindows 95/NT4.0にも対応する。本体サイズは幅390×高さ21.5×奥行き127.3mmで、ケーブル長は1.5m、重さは700g。
《花》

関連ニュース

特集

page top