日本HP、第3世代ブレードに対応したサーバーエントリー製品を発売——8万円台を実現 | RBB TODAY

日本HP、第3世代ブレードに対応したサーバーエントリー製品を発売——8万円台を実現

エンタープライズ その他

HP ProLiant BL260c Generation 5
  • HP ProLiant BL260c Generation 5
 日本ヒューレット・パッカードは24日、第3世代ブレード「HP BladeSystem c-Class」に対応したブレード型サーバーのエントリー機種となる新製品「HP ProLiant BL260c Generation 5」の発売を開始した。

 「HP BladeSystem c-Class」は、エンクロージャ(筐体)前面の液晶ディスプレイによる障害対応指示や、内蔵された管理モジュールによる多機能Web管理画面などを備えたブレードサーバー。

 今回あらたに発売される「HP ProLiant BL260c G5」では、インテルCeleronプロセッサ搭載の最エントリーモデルを希望小売価格89,250円からで提供する。そのほかインテルCore2Duoプロセッサ、クアッドコア インテルXeonプロセッサなどのCPUを選択することも可能。「HP BladeSystem c-Class」のエンクロージャに由来する管理機能はすべて利用可能となっている。電源や冷却ファンの完全冗長化、遠隔操作機能「Integrated Lights-Out 2 (iLO 2) Standard Blade Edition」も標準搭載する。メモリはPC2-5300 REG ECC DDR2 SDRAMを最大24GBまで搭載可能。HDDは2.5インチSATAディスクを最大2基まで搭載可能。また、ブレードサーバー用に開発されたインテル5100チップセットの採用により、1台あたりの待機電力を76.5Wに抑えているとのこと。

 5月中旬より出荷開始の予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top