SoftBank、「ケータイ捜査官7」モチーフの「トランスフォームする」携帯電話 | RBB TODAY

SoftBank、「ケータイ捜査官7」モチーフの「トランスフォームする」携帯電話

ブロードバンド その他

フォンブレイバー SoftBank 815T PB
  • フォンブレイバー SoftBank 815T PB
  • バディトーク 表情例 ※画像はイメージです
  • フォンブレイバー SoftBank 815T PB
  • フォンブレイバー SoftBank 815T PB
 ソフトバンクモバイルは、テレビ東京で放映中の番組「ケータイ捜査官7」に登場するキャラクター「フォンブレイバーセブン」、および「フォンブレイバーゼロワン」をモチーフにした携帯電話「フォンブレイバー SoftBank 815T PB」を4月26日より全国で発売する。

 フォンブレイバー SoftBank 815T PBは、同梱のフォンブレイバーパーツを装着することでケータイ捜査官7に登場するキャラクター「フォンブレイバー」にトランスフォームするギミック付きの携帯電話。手足の関節部は可動するので、さまざまなポーズをとらせて楽しめる。また、人工知能型の待ち受けアプリ「バディトーク」を搭載し、ケータイが文字で持ち主に話しかけてきたり、質問したりするほか、待ち受け画面にさまざまな表情が表示される。さらに、本格的なカードバトル型RPG「モバイルストーリー」やネットワーク対戦ゲーム「ブレイブバトラー」、ステージクリア式アクションゲーム「ブレイブランナー」といったケータイ捜査官7と連動したオリジナルゲームアプリがプリインストールされ、ゲームに勝つとゲーム内の主人公がパワーアップし、それぞれに成長させた携帯電話同士をブレイブバトラーで対戦させられる機能も用意されている。

 本体サイズは50×102×16mm、重量は約107g。連続通話時間は約160分、待ち受け時間は約420時間。ディスプレイサイズは2.4型QVGA(240×320ドット)、モバイルカメラは196万画素CMOSカメラ。カラーはX07シルバー、X01ブラックの2色。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top