GMO、専用サーバホスティングサービスにてWindows Server 2008 Standard Editionの提供開始 | RBB TODAY

GMO、専用サーバホスティングサービスにてWindows Server 2008 Standard Editionの提供開始

エンタープライズ その他
Windows Server 2008 Standard Edition
  • Windows Server 2008 Standard Edition
 GMOホスティング&セキュリティは3日、同社のホスティングブランド「アイル」の専用サーバホスティングサービス「カスタムシリーズ」において、Microsoft Server 2008 Standard Edition、Red Hat Enterprise Linux ES 5.0、およびCentOS 5の提供を開始した。

 Microsoft Server 2008 Standard Editionは、マイクロソフトが4月15日に正式発表するサーバOS。Internet Information Services 7.0(IIS 7.0)やWindows PowerShell、Server Managerなど数多くの新機能が追加されている。今回のOS追加により、カスタムシリーズではOSを全918通りにカスタマイズできるようになった。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top