「KDDI Business Outlook」4/25提供開始〜PCとau携帯電話swメールやスケジュールの統合が可能に | RBB TODAY

「KDDI Business Outlook」4/25提供開始〜PCとau携帯電話swメールやスケジュールの統合が可能に

エンタープライズ モバイルBIZ

サービスイメージ図
  • サービスイメージ図
 KDDIは4月25日より、SaaSソリューション「Business Port」業務アプリケーション第1弾として、「KDDI Business Outlook」の提供を開始する。

 「KDDI Business Outlook」は、Microsoft Office Outlook 2007のメールやスケジュール機能などを統合し、PCおよびau携帯電話の双方から使うことのできるビジネスコミュニケーションウェア。会社のメールアドレスをau携帯電話でも使え、スケジューラ閲覧、アドレス帳利用が携帯・PC問わず、シームレスに利用可能な環境が提供される。データはすべてKDDIデータセンターで一元管理され、ウィルス除去、スパム対策機能、Microsoft Windows SharePoint Servicesを標準提供される。

 KDDIでは、「KDDI Business Outlook」を他の業務アプリケーションと連携するための中核となるサービスと位置付けており、秋以降は、「Business Port Support Program」の協業パートナーが提供する業務アプリケーションと順次連携していく予定とのこと。

 利用料金は月額税込980円/1ID。基本容量はメール:1GB、共有フォルダ:100MB、Windows SharePoint Services:300MBの、計1.4GB(企業ドメイン)。追加は500円/100MB。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top