「日本を世界No.1の携帯大国に」——イー・モバイル千本倖生氏 | RBB TODAY

「日本を世界No.1の携帯大国に」——イー・モバイル千本倖生氏

エンタープライズ モバイルBIZ

イー・モバイル 代表取締役会長兼CEO 千本倖生氏(左)と代表取締役社長兼COO エリック・ガン氏(右)
  • イー・モバイル 代表取締役会長兼CEO 千本倖生氏(左)と代表取締役社長兼COO エリック・ガン氏(右)
  • サービス内容について語る千本氏
  • CMに出演中のサルのハヤハヤ君からお祝い電話が届いた
 イー・モバイルは、本日28日の電話サービス開始にあたり、東京都港区の本社にてサービス開始記念イベントを開催した。

 「いよいよ本日、イー・モバイルは全国47都道府県すべてにおいて新しい電話サービスを開始いたしました」との同社代表取締役会長兼CEO 千本倖生氏の宣言で開始したイベントで、千本氏は予想以上に好調であるという、サービスの現状について紹介した。

 同社は、昨年3月に実に13年ぶりの新規参入として携帯電話市場に参入したが、まずはパケットサービスにおいて完全定額制を実現。「世界でも珍しいモバイルブロードバンドデータサービスを日本で始めて本格的に開始。世界でもトップクラスのモバイルサービスを最先端企業として提供し、消費者の圧倒的な支持を得ることができた」と語った。

 加入者数については、すでに目標数を大きく上回り、右肩上がりの増加を示しているという。エリアについては、自社ネットワークの人口カバー率も計画以上に進行し、現状で70%、6月には75%をカバー。あらゆる主要都市では9割を超える人口カバー率を達成しているという。

 事業開始から1年、本日開始された電話サービスでは、業界初の電話基本料無料を実現。イー・モバイル加入者間の通話料については、全ユーザーに対して24時間無料で提供する定額パックを導入した。さらに、業界最安値レベルの通話料など、シンプルで安心感のある納得できるサービスを提供していくと言う。

 千本氏は同サービスにおいて「世界一級レベルのスピードと低料金を提供することができた。また、音声品質は既存のサービスをはるかに上回る」と自信を見せた。また、「本日をもって総合携帯通信会社となったイー・モバイルが、日本を世界No.1の携帯大国にする」と抱負を語った。

 その後、CMに出演中のサルのハヤハヤ君から、新電話サービスによりお祝いメッセージが届いた。「君の声がすごくクリアに聞こえますよ」(千本氏)、「こちらからも千本会長の声がよく聞こえます」(ハヤハヤ君)などのやり取りのあと、「これからもモバイルブロードバンドのありえないサービスを提案していくので、ハヤハヤ君も一緒にPRしてくださいね」と千本氏が締めくくった。

 なお、電話サービスの加入状況については、4月第2週に発表される予定だ。
《編集部》

関連ニュース

特集

page top