NTTドコモ、屋外でのSuper 3Gによる下り最大250Mbpsのパケット信号伝送に成功 | RBB TODAY

NTTドコモ、屋外でのSuper 3Gによる下り最大250Mbpsのパケット信号伝送に成功

ブロードバンド その他

3Gから4Gへのロードマップ
  • 3Gから4Gへのロードマップ
 NTTドコモは26日、横須賀地区において屋外でのSuper 3Gシステムの実証実験を2月末より開始し、下り最大約250Mbpsのパケット信号伝送に成功した。

 Super 3Gは、W-CDMAの拡張技術HSDPA/HSUPAをさらに進化させた標準規格で、データ通信速度の高速化、接続遅延の短縮や周波数利用効率の向上など、飛躍的な性能向上を目的としたシステム。CDMAの標準化団体3GPPにて、Long Term Evolution(LTE)と称して標準化作業が進められ、すでに主要な標準仕様が承認されている。今回の実証実験では、基地局送信、および移動局受信にそれぞれ最大4本のアンテナを用いた下りMIMO伝送を利用したほか、周波数帯域幅は標準仕様規定上最大の20MHz帯域幅を使用している。

 同社では、引き続き屋内外環境でのシステムのさらなる最適化やハンドオーバーなどの主要機能の確認といった実用化に向けた検証を進め、2009年の商用システム開発完了を目指すとしている。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top