YouTube、国内の音楽著作権管理会社JRCと包括契約〜公式チャンネルも同時スタート | RBB TODAY

YouTube、国内の音楽著作権管理会社JRCと包括契約〜公式チャンネルも同時スタート

ブロードバンド その他

YouTubeのJRCアーティスト公式チャンネルの例
  • YouTubeのJRCアーティスト公式チャンネルの例
 YouTube は27日、ジャパン・ライツ・クリアランス(JRC)と、日本における音楽著作権の包括利用許諾契約を締結したことを発表した。JRCは、L'Arc〜en〜Ciel、BENNIE K、スピッツなど、国内有力アーティストの音楽著作権を管理している。

 今回の包括利用契約の締結により、YouTube上で配信されるレコードレーベル会社が制作したミュージックビデオとユーザーが作成したオリジナルビデオで流れる楽曲のライセンスがYouTubeに与えられることとなる。これにより、JRCが著作権を管理する楽曲をユーザーが自ら演奏して投稿したり、アーティストがプロモーションとして積極的に「YouTube」を活用することが可能になった。

 また同時に、JRCが著作権を管理する作品のアーティストが所属する大手レコード会社「フォーライフミュージックエンタテインメント」と、大手インディーズレーベルである「デンジャー・クルー・エンタテインメント」の公式チャンネルの提供を開始する。

 「フォーライフミュージックエンタテインメント」は4月4日より公式チャネルを開設。新譜アイテムを中心にDOUBLE、BENNIE K、阿部芙蓉美などの最新のPVやライブ映像、過去の映像も含め順次公開を行っていくという。また、デンジャー・クルー・エンタテインメントは27日より公式チャネル「デンジャー・クルー・レコーズ・チャンネル」を開設。第1弾として所属アーティストのムック、シド、ギルガメッシュなどのPVを全尺で供給する。

 なお、サード・ストーン・フロム・ザ・サン所属のBO-PEEP、バグ・コーポレーション所属のSweet Vacation、ピストルバルブなどの公式チャネルも順次開設される予定とのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top