アライドテレシス、レイヤー2ギガ/レイヤー3ファーストイーサスイッチなど | RBB TODAY

アライドテレシス、レイヤー2ギガ/レイヤー3ファーストイーサスイッチなど

ブロードバンド その他

「CentreCOM GS908SS/GS916SS/GS924SS」
  • 「CentreCOM GS908SS/GS916SS/GS924SS」
  • 「CentreCOM GS908SS/GS916SS/GS924SS」外観図
  • 「CentreCOM 8724SL V2」
  • 「CentreCOM 8724SL V2」外観図
 アライドテレシスは24日、レイヤー2ギガビットイーサネットスイッチ「CentreCOM GS908SS/GS916SS/GS924SS」、レイヤー3ファーストイーサネット・スイッチ「CentreCOM 8724SL V2」の出荷を開始した。

 CentreCOM GS908SS/GS916SS/GS924SSは、セキュリティー、および運用管理機能を強化したデスクトップ向けのレイヤー2ギガスイッチで、10/100/1000BASE-Tポートを8/16/24ポート装備するほか、GS916SS/GS924SSではそのうち2ポートがSFP(mini-GBIC)スロットとの共用ポートとなり、オプションのSFPモジュールを追加することでギガビット光ポートが実装できる。セキュリティは、MACアドレスフィルタリングにより不正な端末を制限するポートセキュリティ機能、IEEE802.1X認証機能に対応し、認証モードはSingle Host/Multiple Host/Multiple Authentication、認証方式はMD5/TLS/TTLS/PEAP、付加機能としてIEEE802.1XダイナミックVLANをサポートする。運用管理機能では、ループガード機能を搭載している。価格はそれぞれ5万4,800円、8万9,800円、11万8,000円(いずれも税別)。

 CentreCOM 8724SL V2は、10BASE-T/100BASE-TXポートを24ポート装備する1Uサイズのレイヤー3ファーストイーサネット・スイッチ。GBICポートを2基装備し、増設ポートとして1000BASE-T、1000BASE-SX/LX、1000M SMF(90km)の実装が可能だ。

 機能面では、ASICによるレイヤー3スイッチングのほか、レイヤー3のIPスイッチング(ルーティング)をハードウェアで実現するほか、IPフィルターはハードウェア/ソフトウェアの2種類をサポートする。IEEE 802.1Q準拠のタグVLANとポートベースVLAN、マルチプルVLAN、IEEE 802.1X認証機能に対応し、認証モードはSingle Host/Multiple Host/Multiple Authentication、認証方式はMD5/OTP/TLS/TTLS/PEAP、付加機能としてIEEE 802.1XダイナミックVLAN、MACアドレスベース認証をサポートする。価格は19万8,000円。

 また、ファーストイーサネット・インテリジェント・スイッチCentreCOM FS900Mシリーズ「FS909M/FS917M/FS926M」と同シリーズのPoEスイッチ「CentreCOM FS909M-PS/FS917M-PS」の動作時温度0〜50に拡大する。さらに、ファームウェアのバージョンアップを行い、ループガード機能を追加した新ファームウェア「ver. 1.4.1」のダウンロード提供も開始された。

 ver.1.4.1で追加されたループガード機能は、接続ミス等で発生するネットワークのループを検出し、管理者への通知や設定したポートディセーブルなどの動作を自動的に実行するというもの。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top