アライドテレシス、100BASE-TX/10BASE-T対応8ポートスイッチングハブ | RBB TODAY

アライドテレシス、100BASE-TX/10BASE-T対応8ポートスイッチングハブ

IT・デジタル ノートPC

 アライドテレシスは7日、100BASE-TX/10BASE-Tポートを8基搭載したスイッチングハブ「CentreCOM FS708TL」を発売。価格は11,340円。
  •  アライドテレシスは7日、100BASE-TX/10BASE-Tポートを8基搭載したスイッチングハブ「CentreCOM FS708TL」を発売。価格は11,340円。
 アライドテレシスは7日、100BASE-TX/10BASE-Tポートを8基搭載したスイッチングハブ「CentreCOM FS708TL」を発売。価格は11,340円。

 全ポートがオートネゴシエーション機能に対応。100BASE-TX/10BASE-T、Full/Half Duplexを自動認識する。Full Duplex時には最大で200Mbpsの通信が可能。EAP透過機能を搭載するため、IEEE802.1x認証を行なっているレイヤー2/3スイッチと端末の間に設置することが可能だ。また、BPDU透過機能も搭載。段数制限の対象となることなく、スパニングツリー構成を拡張することができる。

 そのほか、通信時に過度なトラフィックが発生した際に、パケットの損失を防いで正常な通信を維持するフローコントロール機能を備える。本体サイズは幅210×高さ37×奥行き121mm。重さは0.7kg。
《》

特集

page top