東芝、フルHD液晶パネル採用の32V型「REGZA」新モデル | RBB TODAY

東芝、フルHD液晶パネル採用の32V型「REGZA」新モデル

IT・デジタル テレビ

32C3800
  • 32C3800
 東芝は3日、液晶テレビ「REGZA」の新モデルとして、フルHD液晶パネルを採用する32V型モデル「32C3800」を発表した。価格はオープンで、予想実売価格は190,000円前後。3月16日発売。

 同製品は、REGZAシリーズの32V型としては初となるフルHD液晶パネルを搭載するモデル。チューナーは地上/BS/110度CSデジタルおよび地上アナログ各1基を搭載する。液晶パネルの主なスペックとして、解像度は1,920×1,080ピクセルで、視野角は178度とした。また、1シーンごとにヒストグラムを作成して映像信号を構成する数百万の画素を補正するという映像処理システム「新メタブレイン・プロ」を搭載。肌の質感や、雪のシーンなどの輝度の高い部分のわずかな白の違いも表現するという。インターフェースはHDMI端子を搭載し、同社のAVノートPC「Qosmio」やHDD&DVDレコーダー「VARDIA」との連携を可能とする「レグザリンク」に対応。そのほか、PC接続が可能なDVIやD-Sub15ピンを装備しており、PCの文字などの表示に適した「PCファイン」モードを搭載する。

 そのほかの仕様として、最大7チャンネル6時間の表示が可能な電子番組表「レグザ番組表・ファイン」や、入力信号が表示されるまでのタイムラグを抑える「新ゲームモード」を搭載する。

 入力端子は、HDMI×2/D4/S映像×2/コンポジット×3/D-Sub15ピン/Ethernetなど、出力端子は光デジタル音声/デジタル放送録画出力/アナログ音声などを装備。スタンド含む本体サイズは幅80×高さ59.2×奥行き28.5cmで、重さは17.9kg。
《花》

関連ニュース

特集

page top