インテル、MID向け低消費電力プロセッサ「インテルAtomプロセッサー」を発表 | RBB TODAY

インテル、MID向け低消費電力プロセッサ「インテルAtomプロセッサー」を発表

 インテルは3日、低消費電力プロセッサー・ファミリー「インテルAtomプロセッサー」、およびブランド「インテルCentrino Atomプロセッサー・テクノロジー」を発表した。

エンタープライズ モバイルBIZ
Atomプロセッサー ロゴ
  • Atomプロセッサー ロゴ
  • Atomプロセッサー ロゴ
  • Atomプロセッサー、ダイ写真
 インテルは3日、低消費電力プロセッサー・ファミリー「インテルAtomプロセッサー」、およびブランド「インテルCentrino Atomプロセッサー・テクノロジー」を発表した。

 同プロセッサーは、モバイル・インターネット・デバイス(MID)や今年後半に登場予定の低価格インターネット対応PC向けに新たに設計されたもので、これまでは「Silverthorne」、および「Diamondville」の開発コード名で呼ばれていたもの。Hi-kメタル・ゲート採用の45nmプロセス技術によって製造され、熱設計電力(TDP)は0.6〜2.5W程度、最大動作速度は1.8GHzまでとなっている。25平方ミリメートルに満たないダイ上には4,700万個ものトランジスターが集積されている。また、インテルCore 2 Duoプロセッサーの命令セットとの互換性を維持し、マルチスレッドにも対応している。

 インテルCentrino Atomプロセッサー・テクノロジーは、これまで「Menlow」という開発コード名で呼ばれていたMIDプラットフォーム向けのブランドで、インテルAtomプロセッサー、グラフィックス機能内蔵低消費電力コンパニオンチップ、ワイヤレス機能などの複数のチップによって構成されている。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top