シャープ、オープンOSのUbuntu(ウブントゥ)を搭載したタッチパネル式5V型ワイド液晶モバイル端末「NetWalker」 | RBB TODAY

シャープ、オープンOSのUbuntu(ウブントゥ)を搭載したタッチパネル式5V型ワイド液晶モバイル端末「NetWalker」

IT・デジタル ノートPC

NetWalker(ホワイト系)
  • NetWalker(ホワイト系)
  • NetWalker(ブラック系)
  • NetWalker(レッド系)
  • 操作イメージ
  • 画面表示イメージ
  • インターフェース(右側面)
  • インターフェース(左側面)
 シャープは27日、タッチパネル式の5V型ワイド液晶を搭載したモバイル端末「NetWalker」を発表。ホワイト系/ブラック系を9月25日から、レッド系を10月下旬から発売する。価格はオープンで、予想実売価格は45,000円前後。

 同製品は、同社が携帯電話、PCに次ぐ第3のモバイルツールとして位置づけているもの。起動は約3秒と速く、バッテリ駆動は約10時間を実現した。本体サイズは幅161.4×高さ19.7〜24.8×奥行き108.7mm、重さは約409gで、手帳や文庫本を持ち歩く感覚で携帯可能だとうたう。

 CPUにはFreescale Semiconductor社製 i.MX515 マルチメディア・アプリケーション・プロセッサ、OSにはLinux系のオープンOS、Ubuntu(ウブントゥ)を搭載。webブラウザにはMozilla Firefox、メールソフトにはMozilla Thunderbird、アプリケーションはMicrosoft Officeと互換性の高いOpenOffice.org 3.0があらかじめバンドルされ、外出先でのweb閲覧、メール送受信、データ作成などに威力を発揮するという。5V型のサイズながら画面解像度は1,024×600ピクセルを確保し、表示領域を広く取っている。

 液晶はタッチパネル式となっており、指のほか、付属するクリップ型のスタイラスペンでも操作が行なえる。PCと同様のQWERTY配列キーボードを採用し、キーピッチは約14mm。ストレージは4GBフラッシュメモリ(ユーザーエリアは2GB)、メモリは512MB固定。外部対応メディアはmicroSD/microSDHCカードで、最大16GBまで対応する。無線LANはIEEE802.11b/g準拠。また、USB2.0端子は標準とミニ、それぞれ1ポートずつを装備している。同社では今後、辞書や文庫、コミックといったコンテンツのダウンロード提供も予定しているという。
《小口》

関連ニュース

特集

page top