米IBM、グリーンIT向け高速大容量光ネットワークのプロトタイプを発表 | RBB TODAY

米IBM、グリーンIT向け高速大容量光ネットワークのプロトタイプを発表

エンタープライズ その他

 米IBMは28日(現地時間)、電子機器で高速通信を省エネルギーで可能とする技術のプロトタイプを発表した。

 同技術は、データの送信に従来の銅線の替わりに光ファイバーを利用することにより、100W相当の電球1個分と同じエネルギーで約5,000回のHD動画ストリーミングに相当する8兆ビット(テラビット)のデータ送信ができるというもの。同社では、この技術を「グリーン・オプティカル・リンク」と名付け、100メートルの一般的なリンクにおいて現在の接続方式の100倍、商業用光学モジュールの10倍以上省エネルギーだとしている。

 同技術では、光学回路基板、または「Optocard」を利用して、送信機と受信機の間に低損失の重合体による光学電動路の配列を生成する。データバスは、髪の毛ほどの細さの組み込みハイスピードチャネルを多量に使用し、これまでにない密度で密集させることで複数のOptocardを生成したものだ。これらの機能をパッケージ化したものが、オプティカルモジュール、または「Optochip」と呼ばれる。Optochipは、光学部分と電子部分で構成されるが、従来の電子部品と同様に半田付けによる表面実装が可能なモジュールとなっている。

 光学データバスにくわえ、12.5Gb/sのデータ帯域を持つ送受信機を24個使用した、合計300Gb/sでの通信が可能な並列光学送受信モジュールの開発も行われた。現状の光通信モジュールと比較して、同量のエネルギーで10倍以上のデータ通信を可能としている。送受信機は、安価なマウスなどに内蔵されている850nmレーザーを利用した一般的なVCSELを利用している。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top