JSPとアイシロン、クラスタストレージ製品の販売で提携〜BBタワーとの3社協業体制を確立 | RBB TODAY

JSPとアイシロン、クラスタストレージ製品の販売で提携〜BBタワーとの3社協業体制を確立

エンタープライズ その他

 JSPとアイシロン・システムズは26日に、アイシロンのクラスタストレージ製品「Isilon IQシリーズ」の販売において「SmartVAR」(リセラー)契約を締結したことを発表した。「SmartVAD」(ディストリビュータ)にあたるブロードバンドタワーとともに、3社協業体制を確立し「Isilon IQ シリーズ」の拡販を図るとのこと。

 アイシロンとブロードバンドタワーは、今月19日にフォーカスシステムズとも協業体制を構築しており、今回の提携はそれに続くものとなる。

 「Isilon IQ」は、単一ファイルシステムで最大1.6ペタバイト、トータルスループットで最大10ギガバイト/秒の拡張性を有すると同時に、N+1〜N+4のデータ保護機能を装備するクラスタストレージシステム。ファイル単位、フォルダ単位で保護レベルの設定・変更を自由に行えるほか、Webブラウザによる運用・管理やバーチャル・ホットスペア機能を搭載する。

 今回の提携について、JSPの大石代表取締役社長は「Isilon IQ クラスタストレージという革新的な製品と出会う事ができたことを大変嬉しく思っています。Isilon IQは、必要なストレージ容量や性能を、必要なときにダウンタイムなしで追加することで、導入時の初期投資の削減と経営資源効率の向上を同時に実現します。急激な拡大とその将来規模の予測が難しいモバイル動画配信マーケットを育成するベスト・ソリューションを、モバイルシステム向けバックエンドシステムとして一貫したサービスを提供することができると考えております。」と述べている。

 またアイシロンの瀧口代表取締役は「JSP社とのSmart VAR契約締結により、アイシロンの市場展開をさらに拡大できることに大きな期待をもっています。今後の動画配信事業者は、コンテンツ管理とストレージ運用の早急な効率化が、加速化する競争に勝ち抜くための重要なコンポーネントとして位置づけられています。今求められるソリューションプロバイダーとしてJSP社が大きな活躍をされることを楽しみにしています。」と述べている。

 一方、ブロードバンドタワーの大和代表取締役社長は「今回、JSP社とのパートナーシップを築けたことを大変嬉しく思っております。モバイル分野に強みをもち、SIの高い技術力をもつ同社と、データセンターの運用技術で高い信頼性と実績を誇る当社とが手を結ぶことで、ストレージの新しい分野を切り開いていくことが可能になり、両社のビジネスチャンスも一層拡大するものと確信しております。」とのコメントを寄せている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top