米BEA、仮想化環境のモニタリングと管理が自動化できる「BEA Virtualization 2.0」 | RBB TODAY

米BEA、仮想化環境のモニタリングと管理が自動化できる「BEA Virtualization 2.0」

エンタープライズ その他

 米BEA Systemsは12日(現地時間)、Java仮想化製品「BEA Virtualization 2.0」を発表した。

 BEA Virtualization 2.0は、SLAのモニタリングとアプリケーションリソースの動的なデプロイメント、およびプロビジョニングの自動化を行う「BEA WebLogic Operations Control」、および仮想化プラットフォーム上でエンタープライズJavaアプリケーションを稼働させるアプリケーションサーバ「WebLogic Server Virtual Edition」から構成される。

 WebLogic Operations Controlは、仮想化環境のモニタリングと管理を自動化し、仮想化、および非仮想化環境のJavaデプロイメントを横断的に管理できるソフトウェア。コントローラとエージェントの2つのコンポーネントが存在し、コントローラではアプライアンスでモニタリングされるサービスのデプロイメント、およびSLAポリシーのセキュアなリポジトリが保持され、エージェントではアプリケーションドメインを構成する仮想化、または非仮想化リソースが管理される。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top