サイレックスのIPv6-IPv4コンバータが、世界で初めて“IPv6 Ready Logo(Phase-2)”を取得 | RBB TODAY

サイレックスのIPv6-IPv4コンバータが、世界で初めて“IPv6 Ready Logo(Phase-2)”を取得

ブロードバンド その他

“IPv6 Ready Logo(Phase-2)”を取得したIPv6-IPv4コンバータ「SX-2600CV」
  • “IPv6 Ready Logo(Phase-2)”を取得したIPv6-IPv4コンバータ「SX-2600CV」
  • IPv6-IPv4コンバータ「SX-2600CV」の使用例
 サイレックス・テクノロジーは19日に、同社のIPv6-IPv4コンバータ「SX-2600CV」(2007年6月発売)が、IPv6 Ready Logo Committeeが運営・認定する“IPv6 Ready Logo Phase2”の仕様適合性テストに合格し、“IPv6 Ready Logo(Phase-2)”を取得したことを発表した。

 IPv6 Ready Logoは適合製品間の通信を認定するものであり、プロトコル変換技術である「Bump In the Stack」に対応した製品では世界初とのこと。

 なお、すでにSX-2600CVを購入しているユーザは、ファームウェアのバージョンアップ(1.0.x〜1.1.x→1.2.x以降)を行うことで、IPv6 Ready Logo Phase2対応可能となっている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top