ダイワボウ、IBMx86サーバにメール管理機能ソフトをバンドルしたオールインワン型アプライアンス | RBB TODAY

ダイワボウ、IBMx86サーバにメール管理機能ソフトをバンドルしたオールインワン型アプライアンス

エンタープライズ その他

IBM System x 3550
  • IBM System x 3550
  • IBM System x 3650
  • 管理画面:レポート画面
  • 管理画面:ステータス表示
 クラスキャットとセンドメールは5日、IBMのx86サーバ「IBM System x 3550/3650 ExpressAdvantage対応モデル」にスパムフィルタリング、OP25B(Outbound Port 25 Blocking)、サブミッションポートなどの設定機能を統合したオールインワン型アプライアンス「ウィルス/スパム対策インターネットサーバアプライアンス Version 5」を発表した。

 価格は50ユーザ対応モデルが79万7,100円、500ユーザ対応モデルが122万100円、1,000ユーザ対応モデルが188万6,300円(いずれも税別)。出荷は2月18日よりダイワボウ情報システムから開始される。

 ウィルス/スパム対策インターネットサーバアプライアンス Version 5は、OSにRed Hat Enterprise Linux 5.1を搭載し、Xen仮想化機能を利用したシステム構築が可能だ。また、SMTP認証やサブミッションポート、SSLセキュア接続などの設定をGUIで管理できるクラスキャットの「ClassCat Cute Server Manager Enterprise Edition 5.0」、ウイルス/スパム対策、情報漏えい防止、誤送信防止などのメールポリシー設定・実施が一元的にできるセンドメールの「Mailstream Manager」、センドメールのスパムメール対策フィルタ「Sendmail Anti-Spam」がバンドルされている。

 また、従来から提供していた500ユーザ対応モデルと1,000ユーザ対応モデルにくわえ、今バージョンより小規模システム向けの50ユーザ対応モデルがラインナップに追加された。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top