富士通、ワンセグ対応携帯電話を利用した店頭などでの情報提供実証実験を支援 | RBB TODAY

富士通、ワンセグ対応携帯電話を利用した店頭などでの情報提供実証実験を支援

 富士通は1日、総務省の近畿総合通信局と北陸総合通信局が2月上旬に実施する、ワンセグ対応携帯端末を利用した都市再開発エリアや観光地向け情報提供の実証実験を支援すると発表した。

エンタープライズ モバイルBIZ
実証実験イメージ
  • 実証実験イメージ
 富士通は1日、総務省の近畿総合通信局と北陸総合通信局が2月上旬に実施する、ワンセグ対応携帯端末を利用した都市再開発エリアや観光地向け情報提供の実証実験を支援すると発表した。

 同実証実験は、店舗や美術館などの店頭やショーケース、展示品前など限定された場所にいる人に対して情報提供を行う、富士通の微弱電波対応ワンセグコンテンツ配信システム「スポットキャスト」を利用したもの。近畿では大阪阪急三番街地下2階のレストランやカフェの前で店舗情報を、北陸では金沢市内の金沢能楽美術館で能の画像や展示品の解説などを日本語と中国語で配信する。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top