キヤノン、フルHD対応/ダブルメモリ搭載のビデオカメラなど5モデル | RBB TODAY

キヤノン、フルHD対応/ダブルメモリ搭載のビデオカメラなど5モデル

IT・デジタル デジカメ

左上から、「HF10」「HV30」「FS10」「DC300」
  • 左上から、「HF10」「HV30」「FS10」「DC300」
 キヤノンは29日、ビデオカメラ「iVIS」シリーズのフルHD対応「HF10」「HF100」「HV30」とスタンダード画質対応「FS10」「DC300」の計5モデルを発表。3月上旬より順次発売する。価格はオープン。

 HF10/HF100は、記録メディアにフラッシュメモリーを採用した小型・軽量のHDビデオカメラ。HF10は16GBの内蔵フラッシュメモリーとSD/SDHCカード1のダブルメモリーを搭載することで、最長約12時間の記録を可能にした。

 1/3.2型動画用CMOSセンサーや、手ブレ補正機能を備えた光学12倍ズーム、映像エンジン「DIGIC DV II」の搭載により、読み出しから記録まですべて「1,920×1,080ピクセル」のフルHDを実現。そのほか、「ハイスピードAF」や、毎秒24コマと30コマのプログレッシブ撮影機能などを搭載する。発売日は3月上旬、中旬。予想実売価格は130,000円、110,000円前後。

 HV30は、miniDVテープにハイビジョン映像を記録するHDV規格対応のHDビデオカメラ。最低被写体照度3ルクスの高感度撮影を可能にした動画用CMOSセンサーや、手ブレ補正機能を備えた光学10倍ズームなどを搭載する。映画と同じ毎秒24コマに加え、PC上でよりクリアに再現できる30コマのプログレッシブ撮影に対応。発売日は3月上旬。予想実売価格は110,000円前後。

 FS10は、記録メディアにフラッシュメモリーを採用したスタンダード画質対応の小型・軽量ビデオカメラ。8GBの内蔵フラッシュメモリーとSD/SDHCカードに映像を記録することができるため、最長約15時間の記録が可能だ。発売日は4月下旬。予想実売価格は80,000円前後。

 DC300は、記録メディアに8cmDVDメディアを採用したスタンダード画質対応のビデオカメラ。高倍率41倍の「アドバンストズーム」や、スタンバイ状態から約1秒で撮影が再開できる「クイックスタート」機能を搭載する。発売日は3月上旬。予想実売価格は50,000円前後。
《羽石竜示》

関連ニュース

特集

page top