日本HP、業界初のタワー型ブレードエンクロージャを発売〜底部にキャスター付属で床置き使用に最適 | RBB TODAY

日本HP、業界初のタワー型ブレードエンクロージャを発売〜底部にキャスター付属で床置き使用に最適

ブロードバンド その他

HP BladeSystem c3000 タワーエンクロージャ
  • HP BladeSystem c3000 タワーエンクロージャ
 日本ヒューレット・パッカードは28日、業界初となるタワー型ブレードエンクロージャ「HP BladeSystem c3000 タワーエンクロージャ」を発売した。標準小売価格は税込61万7,400円〜。出荷は1月下旬開始予定。

 昨年9月発売の中小規模環境向けブレードエンクロージャ「HP BladeSystem c3000」の同等品だが、床置き使用を想定したタワー型の形状を採用したことで接地面積が減少した。底部には移動用のキャスターが付属する。

 同社では、床置きのタワー型、簡便化された構成、55dBAの動作音など、特別なマシンルームを持たず、これまでオフィス内にタワーサーバを床置きで設置していたユーザに最適としている。
 仕様面では、高さ54cm×幅34cm×奥行き87cm(キャスター部含む)で、フルハイト4台またはハーフハイト8台(混載可能)のブレードが格納可能。冷却ファン6個(最大6個)、パワーサプライ4個(最大6個)を標準搭載する。既存のHP BladeSystem c3000/c7000エンクロージャ用のすべてのブレード装置、コンポーネントが利用可能となっている。DVDドライブも搭載し、複数サーバで同時利用が可能。

 また同時に、「HP BladeSystem c3000 KVMオプション」も発売する。KVMは、キーボード・ビデオ・マウスオプションのことで、USBマウスとUSBキーボードのためのUSBポートを2個、操作中の画面を表示するためのディスプレイ用端子(ミニD-Sub 15ピン)を1個備え、複数のブレードの管理操作を、一組のキーボード・ディスプレイ・マウスで行うことができる。価格は42,000円〜で出荷時期は2月上旬。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top