志の輔の落語を映画化した「歓喜の歌」を劇場公開前に試写 | RBB TODAY

志の輔の落語を映画化した「歓喜の歌」を劇場公開前に試写

エンタメ その他

歓喜の歌
  • 歓喜の歌
 Yahoo!動画では、立川志の輔の新作落語を映画化した、ハートフルコメディー「歓喜の歌」のオンライン試写会を、2月2日の劇場公開に先駆けて「おうちで上映会」にて開催する。

 「歓喜の歌」は、落語家・立川志の輔の新作落語を「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」の松岡錠司監督、「パッチギ!」「フラガール」のシネカノンが映画化したヒューマンドラマ。出演は、小林薫、安田成美、由紀さおり、伊藤淳史など。

 文化会館で働く飯塚主任は、似た名前の2つのコーラスグループを聞き違え、大晦日のコンサートホールをダブルブッキングしてしまう。双方に掛け合うものの、どちらも一歩も譲らず大問題に発展。“事なかれ主義”で生きてきた飯塚だったが、2つのグループの板ばさみとなってしまい、途方に暮れる。

 「おうちで上映会」では、劇場公開に先駆け、31日までの期間、抽選で1,000名に「歓喜の歌」を配信する。また、同サイトでは「歓喜の歌」のメイキング映像も公開中。
《井藤祥子》

関連ニュース

特集

page top