アイ・オー、バックアップソフトでデータが誤消去される不具合——27日アップデートで対応 | RBB TODAY

アイ・オー、バックアップソフトでデータが誤消去される不具合——27日アップデートで対応

IT・デジタル ノートPC

「イージーセーバー3.0」パッケージ
  • 「イージーセーバー3.0」パッケージ
 アイ・オー・データ機器は21日、同社のバックアップソフト「イージーセーバー3.0」シリーズを使用中に、特定の環境下でHDD内のデータを誤消去する不具合があることを発表した。同不具合への修正は、27日に公開予定のアップデートで対応予定とのこと。

 今回の不具合は「イージーセーバー3.0(型番「E-SAV3」)」「イージーセーバー3.0LE(E-SAV3LE)」「イージーセーバー3.0 Pro(E-SAV3PRO)」の3製品で発生。該当バージョンは3.00〜3.02。発生条件は下記のとおり。
 
●条件1
 バックアップジョブ設定を初期設定から「フルバックアップ」かつ「バックアップの世代数指定」を行った場合

●条件2
バックアップ保存先に書き込みの出来ないドライブを指定した場合(書き込みの出来ないドライブの例:DVD-ROM、クローズ処理をしたDVDメディア、読み取り専用に設定されたハードディスク/ネットワークドライブ ほか)

 上記の条件設定でCドライブの一部データが消去されてしまうという。
 
 27日のアップデートプログラム配布までは、バックアップ先を光学ドライブでなくHDDに指定するなどの対処方法を同社サイトで公開。アップデートの告知とともに、一時的な対処を呼びかけている。
 
●問い合わせ先
イージーセーバーお客様専用窓口:0120-977-345
受付時間:9:30〜12:00、13:00〜17:00
営業曜日:月〜日曜日(2008年1月6日まで/2007年12月31日〜2008年1月3日は休業)/月〜金曜日(2008年1月7日以降)
《小林聖》

関連ニュース

特集

page top