ソニー、光センサー方式でスタイラス入力できる液晶ディスプレイ開発 | RBB TODAY

ソニー、光センサー方式でスタイラス入力できる液晶ディスプレイ開発

IT・デジタル ノートPC

試作したディスプレイによるスタイラス入力の例
  • 試作したディスプレイによるスタイラス入力の例
 ソニーは20日、タッチパネルの機能を液晶パネルに内蔵した低温ポリシリコン液晶ディスプレイを開発したと発表。同ディスプレイはTFT工程で光学式センサーアレイを同時形成することで、外付けタッチパネルが不要となり、複数の指による操作やスタイラスによる文字や絵の入力を可能にした。

 タッチパネルは携帯電話、音楽プレーヤー、ゲーム機、ビデオカメラ等のモバイル製品において直感的な操作が可能なユーザーインターフェースとして搭載が進んでいる。セット厚みの増加やデザイン自由度の低下、また画質の低下(抵抗型)などの課題となっている。

 今回、光センサーと読み出し回路をガラス基板上に形成することで、操作性の優れたタッチパネル機能内蔵液晶ディスプレイを実現。低温ポリシリコンTFT技術を使い液晶セル内に光センサーを形成するため、従来型タッチパネルの課題であったセットの薄型化、画質およびデザイン自由度の向上を可能にしている。

●開発品のおもな仕様  
画面サイズ:3.5型 
表示画素数(H×V):640×RGB×480画素 
画素配列:ストライプ 
表示色数:カラー1677万色(透過型)
タッチパネル機能:指による入力5点/スタイラスによる入力が可能
《》

関連ニュース

特集

page top