【総務省】WiMAX免許、21日の臨時委員会で正式決定 | RBB TODAY

【総務省】WiMAX免許、21日の臨時委員会で正式決定

ブロードバンド その他

 18日、日経新聞などがKDDI、ウィルコム内定を報じている2.5GHz帯広域移動体通信基地局の免許交付について、総務省は21日の臨時審議会で委員の答申があり、正式決定する予定だ。

 日経新聞などは、事前の報道どおりKDDIとウィルコムに内定したと報じているが、現時点では公式に確認された事実はない。申請4社も、認定結果に関する総務省から、いっさいの連絡はないので、報道についてはコメントしようがないとしている。

 総務省によれば、21日に臨時の審議会が召集され、そこで何かしらの決定はなされるが、それがこの報道どおりになるかは現段階でも未定としている。手順としては諮問委員会を招集し、そこで総務省の決定を審議官に諮問する。その内容を審議官は審査し、委員会としての結論を答申する。この流れで、総務省としては現段階でも諮問内容はまだ決定しているわけではないとしている。あくまで一般論だが、極端な例としては、この段階での先行報道は実際の諮問委員会での諮問や答申結果に影響を与える可能性もゼロではないとしている。

 この段階で大幅な決定変更は考えにくいが、正式決定はあくまで21日以降となる。ドコモ陣営とソフトバンク陣営は戦略の変更を迫れられることになりそうだ。

 なお、RBB TODAYでは見出しなどの便宜上、2.5GHz帯の通信基地局の免許を「WiMAX免許」と表現することがあったが、ウィルコムは次世代PHS方式によるサービスを展開する予定なので、報道どおりの結果になった場合、2.5GHz帯を使った通信サービスはWiMAX方式と次世代PHSの2本立てとなる。
《中尾真二》

関連ニュース

特集

page top