日本通信、iモード交換機との相互接続試験を完了 | RBB TODAY

日本通信、iモード交換機との相互接続試験を完了

ブロードバンド その他

 日本通信は10日、エヌ・ティ・ティ・ドコモとの相互接続に関し、2007年12月7日付けで相互接続協定書を締結したことを発表した。同社ではこれにより「ドコモ3Gを相互接続により使用した初のMVNO」(Mobile Virtual Network Operator=仮想移動体通信事業者)になったとしている。

 日本通信は、ドコモの3G携帯電話を使用したMVNOサービスを実現するため、2007年7月に、iモード移動無線装置接続用パケット交換機との相互接続をドコモに申し入れた後、作業および接続試験を実施してきたが、12月7日に接続試験が完了したことを受け、同日付けで相互接続協定書を締結、10日に調印に至った経緯を公表した。

 iモード網との相互接続により、会社のメールを携帯電話で送受信できる等のサービスを提供する「ケータイPC 化サービス」、携帯電話にメールポータビリティを提供する「tangomail」を実現するための3Gネットワークの調達ができたとしている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top