アルプス、白地図の自動色分けが可能な実験サービス「ALPSLAB 白地図統計」とAPIを公開 | RBB TODAY

アルプス、白地図の自動色分けが可能な実験サービス「ALPSLAB 白地図統計」とAPIを公開

ブロードバンド その他
「ALPSLAB 白地図」サンプル画面
  • 「ALPSLAB 白地図」サンプル画面
 アルプスは27日、同社の地図サービス実験サイト「ALPSLAB」において、統計情報など任意の情報を白地図に反映させて地域ごとに色分けできる「ALPSLAB 白地図」、および白地図用APIを公開した。

 ALPSLAB 白地図は、同社の地図への取り組みや研究開発の一部を公開する「ALPSLAB ショーケース」のひとつで、白地図をベースにさまざまな表現を簡単に実現することを目指したもの。任意のデータに基づいて地図の色塗りが可能な「ALPSLAB 白地図統計」と姓名からラッキーな場所を占う「ALPSLAB 白地図ラッキープレイス」の2サービスが公開されている。なお、白地図に表示される行政界は都道府県レベルから市区町村レベルまで対応し、入力されたデータをもとに自動的に塗り分けの最適化が行われる。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top