KDDI、携帯端末向けマルチメディア放送技術“MediaFLO”の実証実験を開始〜KDDIデザイニングスタジオにて実験用番組を放送 | RBB TODAY

KDDI、携帯端末向けマルチメディア放送技術“MediaFLO”の実証実験を開始〜KDDIデザイニングスタジオにて実験用番組を放送

 KDDIとメディアフロージャパン企画は27日に、MediaFLO無線局の実験局免許を取得し、実証実験を開始したことを連名で発表した。

エンタープライズ モバイルBIZ
実験構成図
  • 実験構成図
 KDDIとメディアフロージャパン企画は27日に、MediaFLO無線局の実験局免許を取得し、実証実験を開始したことを連名で発表した。同日よりKDDIデザイニングスタジオに実験局と受信用端末を設置し、実験用番組を放送して、MediaFLOの実用化に向けた屋内での実証実験を行う。

 メディアフロージャパン企画は、2006年10月よりシールドルームにおいて有線接続による干渉実験等の基礎実験を行ってきたが、今回は基礎実験の成果を基に、MediaFLO波を使用した「屋内電波伝搬状況の確認」、実験用番組での「画質・音声品質の確認」、電子番組表からの番組選択やチャンネル切替などの「切替機能の確認」、IPデータキャスティング機能に関する「アプリケーション実証試験」の4項目について重点的に行われる。この実験は公開され、来場者は実験用受信端末を直接操作し、評価することができる。

 放送は、番組供給会社のリアルタイム映像コンテンツをMediaFLO用の信号にリアルタイムで変換して送信されるタイプ、事前にMediaFLO用にエンコードされた映像コンテンツをサーバに登録し繰り返し送信するタイプ、ニュース、天気予報、スポーツ、株価情報等の非映像コンテンツを、サーバに登録し、繰り返し送信するIPデータキャスティングタイプの3パターンで行われる実験構成となっている。

 実験期間は27日から2009年3月末(予定)までで、実験用受信端末にはLG電子、京セラ、サムスン電子、シャープが協力している。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top