東芝、グラフィック機能を強化した「dynabook Satellite」web限定モデル | RBB TODAY

東芝、グラフィック機能を強化した「dynabook Satellite」web限定モデル

IT・デジタル ノートPC

dynabook Satellite TXW/69DW
  • dynabook Satellite TXW/69DW
  • 天板カラーには光沢のあるコスミックブラックを採用
  • harman/kardonステレオスピーカーを内蔵
 東芝は22日、同社製ノートPCのweb限定モデル「dynabook Satellite」シリーズの新ラインアップとして、グラフィック機能を強化したモデル「TXW/69DW」を発表。同社直販サイト「Shop1048」にて販売を開始した。

 同製品は、解像度1,280×800ピクセル対応の15.4型ワイドClear SuperView液晶ディスプレイを装備するノートPC。Centrino Duoテクノロジーを採用し、CPUはCore 2 Duo T7500(2.2GHz)を搭載したほか、GPUにATI Mobility Radeon HD 2600を採用し、グラフィック機能の強化を図っている。

 メモリ容量などの異なる3モデルが用意され、価格は2GBメモリ+Office2007 Personalインストールモデル「PATW69DLP10W」が199,800円、2GBメモリモデル「PATW69DLN10W」は179,800円、1GBメモリモデル「PATW69DLN11W」は169,800円。

 そのほか、3モデル共通の仕様は以下のとおり。

●dynabook Satellite TXW/69DW
・OS:Windows Vista Home Premium
・チップセット:PM965 Express
・HDD:120GB
・光学ドライブ:2層書き込み対応DVDスーパーマルチドライブ
・無線LAN:IEEE802.11a/b/g準拠
・インターフェース:USB2.0×4/S映像出力/IEEE1394、ExpressCard/54スロット、SD(SDHC)カード/MMC/メモリースティック(PRO)/xDピクチャーカードスロットなど
・バッテリ駆動時間:約1.6時間
・本体サイズ:幅362×高さ33.5(〜39.3)×奥行き267.8mm
・重さ:2.9kg
《》

関連ニュース

特集

page top