クラムワークス、内蔵HDDを使用せずOSを起動できるLinux搭載メモリカード——ExpressCard/USB接続対応 | RBB TODAY

クラムワークス、内蔵HDDを使用せずOSを起動できるLinux搭載メモリカード——ExpressCard/USB接続対応

 クラムワークスは12日、LinuxベースのOSを搭載するフラッシュメモリーカード「BOOTPLUG-EX」を発売した。価格は18,900円。

IT・デジタル ノートPC
BOOTPLUG-EX
  • BOOTPLUG-EX
  • 接続例(ExpressCardアダプタ使用時、PCは付属しない)
  • 接続例(USBアダプタ使用時、PCは付属しない)
 クラムワークスは12日、LinuxベースのOSを搭載するフラッシュメモリーカード「BOOTPLUG-EX」を発売した。価格は18,900円。

 同製品は、Linuxカーネル2.4をベースに同社が独自開発したOSを搭載するフラッシュメモリーカード。付属するUSBおよびExpressCardアダプタを利用してPCと接続することで、内蔵HDDにアクセスせずにOSを起動可能。メモリーカードにはOSのほか、webブラウザ/メーラー/OpenOffice.org 2.0/リモートデスクトップ クライアント/PDFビューア/メモ帳などのアプリケーションや、2種類のVPNクライアント(PPTP、PPTP)を搭載。ネットワーク接続は有線LAN/無線LAN/PPPダイヤルアップに対応する。

 容量は2GBで、インターフェースはUSB2.0およびExpressCard54/34。 本体サイズと重さは、メモリーカードが幅24×高さ32×奥行き2.1mm、2g。ExpressCardアダプタは幅34×高さ75×奥行き5mm、15g。USBアダプタは幅25×高さ65×奥行き12mm、14g。
《》

関連ニュース

特集

page top