日本サムスン、日本での個人向け家電販売事業から完全撤退——法人ビジネスは継続 | RBB TODAY

日本サムスン、日本での個人向け家電販売事業から完全撤退——法人ビジネスは継続

 日本サムスンは9日、日本での個人向け家電販売事業から完全撤退し、法人向けビジネス(B to B)事業に集中する方針を明らかにした。昨夏に店頭販売を中止し、今年10月末には直販サイトでの販売も終了している。

IT・デジタル ノートPC
法人向け液晶ディスプレイ「SyncMaster 245B」
  • 法人向け液晶ディスプレイ「SyncMaster 245B」
 日本サムスンは9日、日本での個人向け家電販売事業から完全撤退し、法人向けビジネス(B to B)事業に集中する方針を明らかにした。昨夏に店頭販売を中止し、今年10月末には直販サイトでの販売も終了している。

 同社は、日本において半導体、電子部品の販売を主力事業として展開。一方、個人向け製品の販売額は全体売り上げの1%程度にとどまっていた。

 「液晶ディスプレイなどは引き続きB to B販売を行っていきます」(同社広報)とコメントしており、法人向け製品の販売は残すかたち。また、携帯電話は韓国サムスン電子からソフトバンクに販売する。

 サムスングループの個人向けテレビ、携帯電話、液晶ディスプレイなどは世界的には高いシェアをもっているが、日本市場で上位に入ることはできなかった。
《》

関連ニュース

特集

page top