ソニー、MP3ステレオ録音/再生に対応した最大581時間録音できるステレオICレコーダー | RBB TODAY

ソニー、MP3ステレオ録音/再生に対応した最大581時間録音できるステレオICレコーダー

IT・デジタル その他

ICD-UXのシルバーモデル
  • ICD-UXのシルバーモデル
  • ICD-UXのブラックモデル
  • ICD-UXのピンクモデル
 ソニーは6日、MP3形式のステレオ録音/再生に対応し、内蔵のUSB端子でPCとダイレクトに接続が可能なステレオICレコーダー2モデル「ICD-UX80」(2GB)「ICD-UX70」(1GB)を発表。11月21日に発売する。カラーはシルバー/ブラック/ピンクが用意されている。価格はオープンで、予想実売価格は20,000円、15,000円前後。

 同製品は、長時間の音声や音楽ファイル、PCデータの保存が可能なステレオICレコーダー。ICD-UX80は2GBメモリー内蔵でLP(モノラル長時間モード)で最大581時間の録音ができる。USB2.0対応で、PCにダイレクト接続して使用する。

 語学学習にも便利なデジタルピッチコントロール機能を搭載。再生速度を1/2倍速から2倍速まで21段階で調整可能だ。漢字表示対応のバックライト付き液晶採用し、録音データのファイル名やフォルダ名、音楽ファイルの楽曲名やアーティスト名を日本語表示できる。

 MP3ファイル記録時間/曲数は、ICD-UX80が36時間20分/545曲、ICD-UX70が18時間5分/271曲。バッテリーは単4形アルカリ乾電池。本体サイズは幅34.4×高さ99×奥行き13.4mm。重さは48g(電池含む)。付属品はステレオヘッドホン/キャリングポーチなど。
《》

関連ニュース

特集

page top