富士フイルム、スタイリッシュな「ラウンド&エッジデザイン」のコンパクトデジタルカメラ——カラー4色 | RBB TODAY

富士フイルム、スタイリッシュな「ラウンド&エッジデザイン」のコンパクトデジタルカメラ——カラー4色

IT・デジタル デジカメ
FinePix Z10fd
  • FinePix Z10fd
  • 背面部
 富士フイルムは1日、コンパクトデジタルカメラ「FinePix Zシリーズ」の新モデルとして、ラウンド&エッジデザインと4色のカラーバリエーションを採用した「FinePix Z10fd」を発表。11月中旬に発売する。価格はオープンで、予想実売価格は30,000円前後。

 同製品は、デザイン性や撮影後の画像を通じたコミュニケーションに関心が高い10代〜20代のユーザー向けのコンパクトデジタルカメラ。スライド式レンズカバーと薄型のボディに、手に馴染むラウンド形状とシャープなエッジの組み合わせによる「ラウンド&エッジデザイン」を採用している。

 高速赤外線通信で簡単に画像データが送れたり、カメラ内で画像をブログ掲載に最適な大きさにリサイズして保存できる「ブログモードを搭載している。

 そのほか、1度に100枚の画像を一覧表示可能な「マイクロサムネイル」、被写体となっている人物の顔を最大10人まで検出して画像補正する「顔キレイナビ」機能なども装備。

 有効画素数は724万画素。 撮像素子は1/2.5型CCD。ズームレンズの焦点距離は38mm〜114mm。開放F値はF3.7〜F4.2。シャッタースピードは1/1000秒〜3秒。フラッシュはCCD調光オートフラッシュ。ディスプレイは2.5型TFTカラー液晶。バッテリーフル充電時の最大撮影枚数は200枚。本体サイズは幅91.2×高さ56.6×奥行き18.8mm。重さは110g(本体のみ)。
《》

関連ニュース

特集

page top