NEC、マルチメディアLSIを搭載した手のひらサイズのシンクライアント端末 | RBB TODAY

NEC、マルチメディアLSIを搭載した手のひらサイズのシンクライアント端末

 日本電気は15日、手のひらサイズのデスクトップ型シンクライアント端末「US110」、およびカスタマイズに対応したモバイルノート型シンクライアント端末「US60」を発表した。

エンタープライズ その他
モバイルノート型シンクライアント端末「US60」
  • モバイルノート型シンクライアント端末「US60」
  • デスクトップ型シンクライアント端末「US110」
  • 【左】Express5800/120Ri-2 VPCC 仮想PCサーバ【右】Express5800/120Rg-1VPCC 仮想PCサーバ(SANモデル) 【下】SigmaSystemCenter ソフトウェア シンターミナル
 日本電気は15日、手のひらサイズのデスクトップ型シンクライアント端末「US110」、およびカスタマイズに対応したモバイルノート型シンクライアント端末「US60」を発表した。価格はそれぞれ4万9,000円、19万9,000円(いずれも税別)。出荷は、US110が10月29日、US60が11月下旬より開始される。

 US110は、専用LSIの搭載により、MPEG、WMV、Flashなどの動画再生、IP電話、Web会議ソフトウェアといった幅広いマルチメディア機能を備え、VPN機能も利用可能なデスクトップ型シンクライアント端末。画面転送型にも対応する。また、ICカードリーダライタを備える。

 本体サイズは150×94×30.4mm。OSはWindows CE。

 US60は、モバイル接続やVPN環境など既存システムに合わせて同社がROMのカスタマイズを行っていた従来モデル「US50」をユーザーが自由にカスタマイズできる設計に改良した仮想PC・画面転送型対応モデル。無線LANを搭載する。

 重量は約993g。OSはWindows XP Professional。

 同社では、仮想PC型シンクライアントシステム「VirtualPCCenter」を中心とする「クライアント統合ソリューション」において、今後3年間で1,500億円の売上を目標としている。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top