イラスト共有サイト「pixiv」、会員増で運営体制が個人から企業に移行 | RBB TODAY

イラスト共有サイト「pixiv」、会員増で運営体制が個人から企業に移行

 イラスト投稿・共有SNSの「pixiv」は1日、9月10日の運営開始から約20日間で会員数が1万人を突破したことを発表した。

ブロードバンド その他
 イラスト投稿・共有SNSの「pixiv」は1日、9月10日の運営開始から約20日間で会員数が1万人を突破したことを発表した。これを受けて、開発者の上谷隆宏氏がクルーク株式会社に入社。今後は会社としてpixivを運営・開発する予定であることも合わせて発表された。

 pixivは、「イラストに興味がある人が気軽にコミュニケーションを取れる場所が欲しい」との動機から上谷氏個人が開発をスタートしたが、9月29日時点で会員数1万人を突破。これを受け、開発者の上谷隆宏氏個人では開発・運営・サポートに限界があると判断し、pixivリリース時から開発の一端を担っていたクルークに、上谷氏が入社し、共に運営・開発を行うこととなった。

 今後は上谷氏を中心に、会社としてpixivについてあらたな機能追加・モバイルサイトなどの開発・リリースを行っていくとクルークは公表しており、今後の動向が注目される。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top