JAL、同社のウェブサイト検索を強化!ファスト サーチ&トランスファのFAST ESPを採用 | RBB TODAY

JAL、同社のウェブサイト検索を強化!ファスト サーチ&トランスファのFAST ESPを採用

ブロードバンド その他

JALサイトでの検索。左サイドにカテゴリーが表示されている
  • JALサイトでの検索。左サイドにカテゴリーが表示されている
 ファスト サーチ&トランスファは27日、日本航空のウェブサイトに同社のエンタープライズサーチプラットフォーム(FAST ESP)が導入されたと発表した。

 日本航空がFAST ESPの採用を決定した要因として同社が挙げているのが、ダイナミック ドリルダウン機能と呼ばれるテクノロジー。あるキーワードに対する検索結果の中から、次の絞り込みの候補を自動的に抽出、その絞り込みの候補は、ビジネス要件やユーザーの視点から設計することが可能だという。たとえば、「ニューヨーク線ビジネスクラスの機内サービスについて知りたい」という要求を持つユーザの場合、従来であれば「ニューヨーク線 機内サービス」のようなキーワードの組み合わせを考える必要があった。その上、表示される検索結果から求めている情報にたどり着くためには、結果内のすべてのドキュメントを確認しなければならず、求めている情報へはたどりつけないケースもあった。今回の機能では「ニューヨーク」と入力すると関連するいくつかのカテゴリが表示され、「機内サービス > エグゼクティブクラス」といった絞込みが可能となり、エグゼクティブクラスに関する機内サービスの案内が一覧で表示される。

 今回の日本航空におけるFAST ESP導入に際しては、ファスト サーチのパートナー企業であるナレッジワークスが導入決定までのコンサルティングから開発、運用に至るまでを担当し、同社が提供しているSaaSソリューション「SCOPE」を活用することによって採用されたという。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top