ソニー、120Hzハイフレームレート対応フルHDパネルを搭載したビデオプロジェクターの最上位モデル | RBB TODAY

ソニー、120Hzハイフレームレート対応フルHDパネルを搭載したビデオプロジェクターの最上位モデル

IT・デジタル ノートPC

VPL-VW200
  • VPL-VW200
 ソニーは28日、120Hzハイフレームレート対応フルHDパネルを搭載したビデオプロジェクター「BRAVIA」の最上位モデル「VPL-VW200」を発表。11月20日発売。価格は1,365,000円。

 同製品は、従来比2倍の液晶駆動速度により120Hzフレームレート表示を実現する同社独自のディスプレイデバイス「0.61型ハイフレームレート フルHD SXRD」を搭載したビデオプロジェクター。また、動きの早い映像も残像感を少なく滑らかに表現する技術「モーションフロー」を装備する。さまざまな動きの早いシーンで発生しやすいブレを低減し、大画面でも滑らかで目の疲れにくい映像を再生することが可能だという。

 ビデオプロジェクター用に新たに調整した画像処理エンジン「ブラビアエンジンプロ」を搭載。ランプには太陽光に近い光特性を持つ「ピュア・キセノンランプ」を使用することで、緻密で滑らかな質感と自然で鮮やかな色調で映像を再現する。

 画素数は622万画素。レンズは1.8倍ズーム。画面サイズは40型〜300型。コントラスト比は35,000:1。輝度は800ルーメン。インターフェースはコンポジット/S映像/HD D-sub15ピン/HDMI×2など。ファンノイズは22dB。本体サイズは幅496×高さ175×奥行き574mm。重さは20kg。
《》

関連ニュース

特集

page top