日本SGI・MEX・ソフトイーサ、SaaSサービスを推進〜第1弾としてDesktopVPNを提供開始 | RBB TODAY

日本SGI・MEX・ソフトイーサ、SaaSサービスを推進〜第1弾としてDesktopVPNを提供開始

ブロードバンド その他

DesktopVPN サービス提供イメージ図
  • DesktopVPN サービス提供イメージ図
  • DesktopVPN 操作方法
 日本SGI、メディアエクスチェンジ(MEX)、ソフトイーサの3社は18日、日本SGIがあらたに提供するSaaSサービスの第1弾として、ソフトイーサが開発したセキュアなリモートアクセスソフトを利用した「DesktopVPN」を独占的に提供開始することを発表した。新サービスは日本SGIがMEXのインターネット網を使って10月1日より提供を開始する予定。

 「DesktopVPN」サービスでは、強固なSSL暗号技術による通信経路の暗号化により、ハイレベルなセキュリティ環境でリモートデスクトップソフトを利用できる。そのほか、シンクライアントライクな利用形態、SaaSによる簡単・安心・低コストな運用、プリンタ・ディスクの共有機能などの特長がある。

 日本SGIとMEXは業務・資本提携しており、MEXのiDCをSaaS事業のプラットフォームインフラとして位置づけている。今回の共同事業にあたって、MEXのネットワークインフラとソリューションを複合させて、SaaSを積極的に推進、その第一弾としてDesktopVPNを商用化したサービスとして提供する。今後は他アプリケーションも提供の予定だ。

 「DesktopVPN」サービスは、専用サイトから利用者が申し込みを行い、インストール後に利用が可能となる。価格はキャンペーン価格で1か月契約が950円、6か月契約が3,660円、1年契約が6,350円となる。キャンペーン価格は新規ユーザに限り、2007年12月末日までの申し込み分に1年間適用される。以降は通常価格で6か月契約が4,580円、1年契約が8,140円となる。

 またβユーザ向け特別価格としてソフトイーサが従来より提供してきた「PacketiX Desktop VPN」β版を利用中のユーザに対して、2007年12月末日までの申し込み分に1年間特別価格にて提供(詳細内容に関してはサービス開始後、βユーザ向け専用サイトにて案内予定)。

 サービスの提供開始時期は10月1日で、当初はコンシューマ市場をターゲットとしたサービス展開を予定し、向こう3年間で10万ユーザの獲得を目標とする。法人向けサービスについては順次検討とのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top