クロージング映画は日伊加合作「シルク」に〜東京国際映画祭〜 | RBB TODAY

クロージング映画は日伊加合作「シルク」に〜東京国際映画祭〜

エンタメ その他

シルク
  • シルク
 役所広司、中谷美紀、芦名星らが出演した日本・カナダ・イタリア合作「シルク」(フランソワ・ジラール監督)が、第20回東京国際映画祭のクロージング作品に決まった。

 「シルク」はイタリアの小説家アレッサンドロ・バリッコが日本を舞台にして描いたベストセラー小説「絹(Silk)」を、日本、イタリア、カナダの映画チームにより映像化した作品。幕末の日本を舞台に、上質な絹を求めてフランスからやってきた西洋人と東洋人の出会いを描く。芦名星は、フランスに妻がいる主人公にひと目ぼれされる娘役に大抜てきされ、その初々しい演技に注目が集まる。同作は2008年1月公開予定で、東京国際映画祭では最終日の10月28日に上映される。

 また、特別招待作品部門の上映作品として、動物たちのスペクタクルに出会うドキュメンタリー映画「アース」が決定。撮影日数のべ2000日、撮影全世界200ヵ所以上、世界に数台とない防振装置、1秒間に千コマ以上もの撮影が可能な超ハイスピードカメラなど最新の撮影技術を駆使して、神秘と美しさに溢れる地球の生命の素晴らしさを映像化。ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のフルオーケストラに乗せた奇跡的な瞬間と命のドラマは、我々に計り知れない感動と驚きを与える。

 そのほか、東京国際映画祭の公式サイトでは最新情報を動画で見ることができる特報第1弾も掲載。今後も続々と新しい情報が掲載される予定だ。

 東京国際映画祭は、10月20日〜10月28日の9日間にわたって六本木ヒルズ、渋谷BUNKAMURAをメインに秋葉原など各地でイベントを開催。前売り券一般販売は10月6日より開始される。
《》

関連ニュース

特集

page top