NEC、Xeon E7340/E7220を最大4基搭載可能なCPUブレード | RBB TODAY

NEC、Xeon E7340/E7220を最大4基搭載可能なCPUブレード

エンタープライズ その他

SIGMABLADE (左)「Express5800/140Ba-10」、(右)ブレード収納筐体「SIGMABLADE-H」
  • SIGMABLADE (左)「Express5800/140Ba-10」、(右)ブレード収納筐体「SIGMABLADE-H」
 日本電気(NEC)は5日、ブレードシステム「SIGMABLADE」において、同日発表のクアッドコア インテルXeonプロセッサー E7340、およびデュアルコア インテルXeonプロセッサー E7220を最大4個まで搭載可能なCPUブレード「Express5800/140Ba-10」を発売した。出荷は即日開始される。価格は、Xeon E7340×1、メモリレス、ディスクレスで143万円から(税抜)、Xeon E7220×1、メモリレス、ディスクレスで125万円から(税抜)。

 Express5800/140Ba-10は、2.5インチSAS対応ハードディスクを最大4台まで搭載できるほか、RAID構成よる出荷も可能だ。最大搭載可能メモリ容量は最大64GBで、二重化(ミラーリング)にも対応する。

 さらに、ブレード収納ユニット「SIGMABLADE-H」は4way/2wayいずれものブレードが収納・挿抜可能とすることで、従来システムと比較して約2/3の省スペースを実現した。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top