ソニー、頭部に装着する新しいスタイルのスピーカー | RBB TODAY

ソニー、頭部に装着する新しいスタイルのスピーカー

IT・デジタル その他

PFR-V1
  • PFR-V1
  • SRS-ZX1
 ソニーは、頭部に装着するスタイルを採用したスピーカー「パーソナルフィールドスピーカー」を発表。型番は「PFR-V1」で、価格は55,650円。また、コンパクトサイズのアクティブスピーカーシステム「SRS-ZX1」も発表した。価格は49,350円。2製品ともに10月20日発売。

 PFR-V1は、スピーカーを頭部に装着するという新しいスタイルを採用。小型の球状スピーカーを耳の斜め前方に装着する。目の前に音場が広がるような臨場感あるクリアなサウンドでの再生が可能だという。また、スピーカーの前面板から外側に設けた「エクステンデットバスレフダクト」を直接外耳道の入り口に装着することで、迫力のある重低音も楽しめるとしている。

 そのほか、最大エネルギー積440kJ/m3のネオジウムマグネットと、純鉄をしのぐ飽和磁束密度をもつパーメンジュールを磁気回路に採用し、高音質を実現。本体の小型・軽量化を図り、超ジュラルミン製のヘッドバンド、アルミダイカスト製のスピーカーキャビネットを採用している。また、小型の球状スピーカーキャビネットにより、不要なノイズを低減させている。

 形式はフルレンジダイナミック型で、スピーカーユニットは21mm口径。感度は93dB/mW。周波数帯域は35〜25,000Hz。インピーダンスは16Ω。総合出力は60mW。ブースター使用時のバッテリーは単4形電池2本。コード長は1mで、重さは96g。

 SRS-ZX1は、新開発のメビウスダクトを搭載したコンパクトサイズのアクティブスピーカーシステム。ダクトの出入り口の断面積の差を少なくすることで、低音域の風切り音を低減させている。また、より低音域でダクトが共振できるように、管の一部を筐体の外部に取り回し、効果の高い低音域増強を実現したという。

 また、伸びやかな低音再生を実現する「ターボシフト機能」を搭載。小型スピーカーでは通常は再生できない低周波数域の音をDSP(デジタルシグナルプロセッサー)により、倍音成分のみ抽出し加算することで体感低域がいっそう伸びやかに広がるという。

 形式はフルレンジバスレフ型で、スピーカーユニットは57mm口径。インピーダンスは4Ω。総合出力は40W。バッテリーは付属のACパワーアダプタを使用。本体サイズは幅80×高さ187×奥行き169mmで、重さはアンプを内蔵する左側が1,200g、右側が1,100g。
《》

関連ニュース

特集

page top