インターネット利用時に82%が迷惑行為を体験、Web経由のものが31%〜トレンドマイクロ調査 | RBB TODAY

インターネット利用時に82%が迷惑行為を体験、Web経由のものが31%〜トレンドマイクロ調査

ブロードバンド その他

インターネット利用中に経験した迷惑行為
  • インターネット利用中に経験した迷惑行為
  • インターネット・パソコン利用に対して感じる不安
 トレンドマイクロは3日、「インターネットの利用動向」調査の結果を発表した。

 同調査は、18歳以上の一般ユーザを対象に8月6日から8日までの3日間、インターネットアンケート形式で実施したもの。有効回答数は1,000名。

 発表によると、全体の82%がインターネット利用時に迷惑行為を体験したと回答し、その内容のトップ3は、「望まないポップアップメッセージや大量の広告が表示される」が30.6%、「大量の迷惑メールを受け取った」が26.6%、「訪問したWebサイトから、知らないプログラムがダウンロードされそうになった(ダウンロードされた)」が12.4%。

 また、「ワンクリック詐欺のメールを受け取ったり、Webサイトに誘導されたりした」が8.6%、「YahooやGoogleなどの検索結果から、悪意のあるWebサイトに誘導されそうになった(誘導された)」が5.0%など、Web経由の迷惑行為を経験しているユーザーが全体の31%にのぼり、Webサイトの危険度が増していることが伺える。

 全体の98%がインターネットやパソコンの利用時に不安を感じている。その理由として25%が「知らないうちにウイルスやスパイウェアに感染してしまうのではないか」、22.8%が「ネットショッピングなどで自分のクレジットカード番号や口座番号を入力するのが不安」を挙げている。知らないうちに個人情報やクレジットカード番号、口座番号などが漏洩してしまうことに不安を感じていることが明らかになった。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top