キヤノン、8色インクシステムを採用した大判インクジェットプリンタ——高速出力と高画質を両立 | RBB TODAY

キヤノン、8色インクシステムを採用した大判インクジェットプリンタ——高速出力と高画質を両立

IT・デジタル その他

iPF9000S
  • iPF9000S
  • iPF8000S
 キヤノンは27日、大判インクジェットプリンタ「imagePROGRAF」シリーズの新モデルとして、8色インクシステムを採用した60インチ用紙対応の「iPF9000S」と、44インチ用紙対応の「iPF8000S」を発表。価格はそれぞれ1,992,900円、627,900円。9月下旬発売。

 2モデルともに、ポスター出力、屋内外用のサインやディスプレイなどの印刷に対応した業務用インクジェットプリンタ。顔料インク「LUCIA」を使用した新開発の8色インクシステムを採用。色ムラの少ない双方向印刷で、高速出力と高画質を両立している。

 印刷作業中でもインクの交換が可能なサブインクタンクを装備。インクの使用量を抑えるエコノミーモードを採用し、生産性の向上と低コスト化を実現している。また、プリントヘッドのノズルに目詰まりが発生した際に、ほかのノズルがバックアップする自動ノズルリカバリー機能を搭載。ノズルの目詰まりによるプリントミスを低減する。

 画質面としては、グレーインクの採用により安定したグレーバランスと粒状感の少ない滑らかな階調表現を達成する。カラーキャリブレーション機能や環境光補正プリント機能により、安定した色再現や出力物の使用場所に合わせたプリントが行えるという。

 プリント解像度は最高2,400×1,200dpi。インクタンク容量は各色700ml/330ml。最大印刷可能長は18m。インターフェースとして、USB2.0のほか、100BASE-TX/10BASE-T対応のイーサネットを備える。HDDは80GB。

 iPF9000Sは、最大用紙幅が60インチ(1,524mm)で、640MBのメモリを内蔵する。本体サイズは幅2,299×高さ1,144×奥行き766mmで、重さは162kg。

 iPF8000Sは、最大用紙幅が44インチ(1,118mm)で、384MBのメモリを内蔵する。本体サイズは幅1,893×高さ1,144×奥行き975mmで、重さは140kg。
《》

関連ニュース

特集

page top