総務省が日本のネットトラフィックを集計、試算〜平均約720Gbps、2008年5月には1Tbpsに達する勢い | RBB TODAY

総務省が日本のネットトラフィックを集計、試算〜平均約720Gbps、2008年5月には1Tbpsに達する勢い

ブロードバンド その他

ISP間で交換されるトラフィックの集計
  • ISP間で交換されるトラフィックの集計
  • 我が国のインターネットトラフィックの推移
 総務省は8月22日に、「我が国のインターネットにおけるトラヒックの集計・試算」と題して、2007年5月時点のインターネットトラフィック(通信量)の集計・試算を行い、その結果を公表した。

 IIJ、NTTコミュニケーションズ、ケイ・オプティコム、KDDI、ソフトバンクBB、ソフトバンクテレコムのISP6社7ネットワークおよび学界から江崎浩東京大学教授、加藤朗東京大学准教授、長健二朗研究員(IIJ)および、福田健介国立情報学研究所准教授の支援・協力を得て行われた。

 契約者別のトラフィックとISP同士で交換されるトラフィックをまず個別に集計。国内主要IXで交換されるトラフィック総量の月間平均値と、国内主要IXで国内ISPと交換されるトラフィックの月間平均値から、協力ISPのシェアを算出し、契約者のデータと按分することで、我が国のブロードバンド契約者のトラフィック総量を試算した。

 2007年5月時点の我が国のブロードバンド契約者のダウンロードトラフィックは、月間平均で306Gbps。ピークタイムは21時および23時頃となった。協力ISPが占めるトラフィック割合を42.4%とし国内シェアとして試算した結果、トラフィック総量は、平均で約720Gbpsとなり、2006年5月からの1年で約1.4倍となった。今後も増加率が維持された場合、2008年5月頃には、我が国のブロードバンド契約者のトラフィック規模は、1T(テラ)bpsに達することになる。また、国外ISPから協力ISPに流入するトラフィックは2006年11月より急増、2006年5月からの1年で約1.7倍となった。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top