松下、通り抜けるだけで本人確認が可能な「ウォークスルー虹彩認証システム」 | RBB TODAY

松下、通り抜けるだけで本人確認が可能な「ウォークスルー虹彩認証システム」

エンタープライズ その他

仕様概要(予定)
  • 仕様概要(予定)
  •  松下電器産業は3日、2005年から開始された総務省の研究開発プロジェクト「ユビキタスセンサーネットワーク技術に関する研究開発」の中の「高精度人物認知技術の開発」の成果として、歩きながらでも人物確認が可能な「ウォークスルー虹彩認証システム」を開発した。
 松下電器産業は3日、2005年から開始された総務省の研究開発プロジェクト「ユビキタスセンサーネットワーク技術に関する研究開発」の中の「高精度人物認知技術の開発」の成果として、歩きながらでも人物確認が可能な「ウォークスルー虹彩認証システム」を開発した。

 同技術は、従来のように装置に目を合わせる動作が必要なく、歩きながら通過するだけで他人受入率1/120万以下という高精度な本人確認ができる虹彩認証方式。虹彩を撮影するカメラには200万画素カメラを複数利用し、撮影距離1メートル以上と広範囲の撮影範囲を確保することでユーザーの目位置合わせ動作を不要にしている。また、目(虹彩)位置検出に適したテンプレートマッチング方式をベースとして、高画素画像から認証時間2秒以下かつ高精度に目周辺の画像だけを抽出して認証処理を行う「目位置検出方式」を新たに開発した。さらに、2基の装置の間をユーザーが通り抜ける構成を採用することにより、自然な通行を実現したほか、片側1基のみでの認証も可能として狭い場所での設置も可能とした。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top