ヤマハ、ピアノブラックの筐体が美しいUSB端子搭載のCDレシーバ | RBB TODAY

ヤマハ、ピアノブラックの筐体が美しいUSB端子搭載のCDレシーバ

IT・デジタル その他

「CRX-E320」とスピーカー「NX-E700」のセット
  • 「CRX-E320」とスピーカー「NX-E700」のセット
  • 「CRX-E320」とスピーカー「RB-51」のセット
 ヤマハは2日、オーディオシステム「ピアノクラフト」シリーズの新製品として、USB端子を搭載するCDレシーバー「CRX-E320」を発表。8月下旬発売。価格は48,300円。

 CRX-E320は、MP3/WMAの再生にも対応するCDレシーバー。USB端子を前面に装備するため、USBフラッシュメモリやデジタルオーディオプレーヤーを接続して内蔵する音楽ファイルの再生が可能だ。CDレコーダーやPCで作成したCD-R/RWの再生にも対応する。また、最大50局までのプリセット選局が可能なFM/AMチューナーを搭載している。

 本体は共振に強い8角形断面の高剛性ボディを採用。優れた放熱効果をもつ肉厚ヒートシンクや、バナナプラグ対応の大型スピーカーターミナルを備える。また、アナログ構成のパワーアンプを内蔵するなど、音質面の向上を図っている。

 定格出力は25W×2ch。実用最大出力は30W×2ch。周波数帯域は20Hz〜20kHz。S/N比は95dB以上。入力端子はAUX/ステレオミニ。出力端子は光デジタル/AUX/サブウーハー用プリアウト。本体サイズは幅215×高さ113×奥行き308.4mm。重さは3.1kg。

 なお、CRX-E320の単体販売のほか、既発売のスピーカーを組み合わせたセットモデルとしても販売する。「NX-E700」とのセットは70,000円、「RB-51」とのセットは105,000円。
《》

関連ニュース

特集

page top